響・Agent  響エージェント

響・Agent  響エージェント

響Agent(ひびきえーじぇんと)ってどう?

響エージェントは

 

【誰もが安心して調査出来る探偵社を作りたい】

 

という信念から【弁護士】が立ち上げて運営している探偵事務所です。

 

 

つまり、響エージェントは何と言っても

 

【信頼度が非常に高い】

 

探偵社と言っても過言じゃないと思います。

 

 

 

 

響エージェントは全国展開してます

 

 

響エージェントは全国に4か所(東京・愛知・大阪・福岡)に拠点を設けており、そのことからも関東から西側の調査に強いって印象がありますね。

 

全国の調査可能って事なので、弁護士の探偵社に依頼してしっかりした調査をしてほしいって北側の人も対応してもらえるようですよ。

 

 

響エージェントの調査報告書は凄い!

 

響エージェントはベテランの調査員を使っているという話ですが、響エージェントの一番の魅力は何と言っても裁判に強い調査報告書にあると思います。

 

裁判の実際の現場を知る弁護士だからこそ、本当に必要な情報を盛り込むことが出来るうえ、弁護士運営の探偵社が運営することからも調査報告書の信頼性が非常に高いというメリットがあり、浮気や不倫での裁判に強いということは間違いないと考えられますね。

 

 

 

弁護士が運営だと料金は高いのでは?

 

弁護士運営の探偵社品質や信頼性に間違いはないと思うけど、やっぱり気になるのが費用面ですよね。

 

高品質に安いものは無い。

 

確かに、それはそうだと思いますよ。

 

しかし、響エージェントは違います

 

ここで間違えてはいけないのは、

 

「安い」

 

ではありません。

 

【適正価格である】

 

ってことです。

 

響エージェントが掲げる

 

【誰もが安心して調査出来る探偵社を作りたい】

 

という信念が物語るように、安心して依頼出来て安心な報告書を作ってもらえるだけでなく、費用面も嘘偽りなく安心ってこと。

 

響エージェントの費用ですが、

 

調査員1名に対し15時間までは1時間6000円

 

調査が16時間を超えた場合は、1時間3000円

 

明瞭会計ですね。

 

この調査費用の構成ですが、

 

1時間1名6000円に含まれる料金は
車両や機材費、調査中の電車やガソリン代、高速代も含まれての料金ですから、別途機材費だの交通費だのを請求されることは無いですね。

 

 

この料金は、一般的には格安の部類に入るのかもしれませんが、これからのスタンダードの料金になるのかもしれませんね。

 

 

 

響エージェントを使った人の声は?

 

響エージェントを使った人の声についても気になりますよね。
響エージェントは裁判に強いってイメージだったので「あれ」って思うこともあったので紹介。

 

 

上記は、37歳の主婦の方のコメントですが、裁判沙汰にして慰謝料を沢山っていうのじゃなくって、家庭を壊さず円満に戻れた事例のようです。

 

裁判に強いってだけでなく、円満な解決策をも手助けしてくれる探偵社のようですね。

 

つまり、以前のような関係に戻りたい人にとってもメリットは大きいようです。

 

 

 

上記は、42歳の事例ですが、カウンセラーの方が親身に相談に応じてくれて、心の面でもサポートしてもらえたという事例。

 

探偵社に浮気不倫調査を依頼する時点で、ある程度結果を予想できる状態にあるでしょうから、覚悟はしていると思いますが、やはり現実に直面しなきゃならないっていう恐怖に立ち向かえるよう援助してもらえるのは有難いようです。

 

 

響エージェントは、【裁判】というイメージが強かった分、心のサポートにも力を入れているのが、なんだか意外だったなって感じですね。

 

勿論、それが理想的な事なんですけどね。

 

 

響Agent 浮気診断シュミレーター匿名申込

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信頼に値する探偵事務所を見つける方法として、口コミを確認する方法があります。当然、依頼を検討している探偵事務所のHPにアップされている口コミではなく、運営が異なる掲示板や相談サイトにアップされている口コミを調べる方が信頼できます。探偵事務所の関係者以外による口コミは、ずっと信頼性が高いと言えるでしょう。浮気調査の費用節約というと、できる限り事前に自分で調査しておきたいものです。難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。毎日、パートナーの行動記録を付けておけば立派な調査資料になります。毎日、仕事に出掛けた時間、帰宅した時間、だれかと電話をしているようなら、掛ってきた時間と通話していた時間も記録しておきましょう。しょっちゅう同じ電話番号から電話を受けていたりまた電話をかけ直していたりするとその相手が浮気相手であるという可能性は非常に高いと言えます。そうしたらその電話番号の相手が誰かということを突き止めるだけでいいのです。しかしパートナーの方が一枚上手ですと、浮気相手との電話の後には電話履歴を消していることも多々あり得ることです。GPSが繋がるものを使って、良く行く場所を調べて、良く見える場所で観察し続けると、いつかは来るはずですから、不埒な行為を押さえることができるでしょう。あまり予算が無い場合には、GPSの機械で所在を調べるのも、ひとつの方法ではあります。ただし、その装置を仕込んだことが知られてしまう事があります。興信所と探偵事務所の違うところですが、変わりはほとんど無いと言っても言い切れます。共に、浮気調査から身辺調査、同じような仕事内容です。でも、どちらかを選ぶとしたら企業や団体からの依頼の多くは興信所に、個人は探偵に頼るようです。

ホーム RSS購読 サイトマップ