不倫浮気をしている男女の行動

不倫浮気をしている男女の行動

不倫浮気をしている男女の行動ってどんなの?

不倫や浮気をしている人の行動って結構わかりやすかったりします。

 

しかし、男女それぞれ行動が少しづつ異なるので、パートナーが浮気をしてるんじゃないかって怪しんでいるのなら、チェックしてみて!

 

 

男性が不倫浮気をしている時の行動

 

 

 

①毎週、同じ曜日に残業になったり飲み会などがあり遅く帰る日々が数カ月続いている。徐々に泊り出張の日数も増えてきているがその割に疲れている様子が見られない。

 

②同窓会や結婚式などに参加した後から、スマホを肌身離さず持ち歩いている。今まではスマホを無造作に置いていたのに、置き場が少しでもずれていると指摘される。スマホの画面を下に向けておいてある。

 

③ケンカもほとんどしたことが無いくらい夫婦仲は良いと感じていたにもかかわらず、突如、「性格が合わない」「両親と馬が合わない」「離婚したい」といわれた。自分の性格は改善すると伝えても聞いてもらえない。

 

④共働き家庭であるが、休日は合わせるようにしていたのに、ここ数カ月、休みが合わない週が増え、わざと合わせていないのではと感じるようになった。また、休日は同僚などと飲みに出かけるなど不自然な予定が増えている。

 

⑤残業が増えたと遅く帰ることが多いが、なぜか汗臭くなく爽やかな香りがする。服装に無頓着だったにもかかわらず、急にお洒落に気を使うようになった。

 

 

 

 

女性が不倫浮気をしている時の行動

 

 

①子供がいるのに、飲み会に行き午前様する日が増え始めた。子供がいるから遅くならないように伝えるがやめる気配が見られない。

 

②専業主婦をしているにもかかわらず、日中連絡しても電話に出ない、メールやラインの返信が来ない(遅れる)。連絡が取りづらい日に限って、以上に機嫌が良く優しくされたりする。

 

 

③性交渉をしようとすると拒まれることが多くなり理由を聞いても体調が悪いなどハッキリした理由を教えてくれない。また、拒まれるようになったころから、帰宅時間などを毎日聞かれるようになった。

 

④全く心当たりがないにもかかわらず「浮気してるでしょ」と言われはじめ、ケンカを売られる。更に、「信用できないから離婚しよう」と一方的に言うようになった。

 

⑤今まで、家事育児全般を妻に任せ、家庭をかえりみず仕事に打ち込んでおり、妻も文句ひとつ言うことなかったが、最近になって、「あなたとの結婚は後悔している」と言われるようになった。更に、スマホで誰かと連絡を取り合っている姿を見るようになった。

 

 

どうでしょう?

 

自分に当てはまる事がいくつかありますか?

 

もしあれば、浮気不倫の危険信号ですよ!

 

 

パートナーが不倫や浮気をしている場合は【証拠をつかむ】ことが必要です。

 

【証拠を掴む】

 

ことで、復縁のきっかけをつかむことも出来ますし、離婚する場合でも多くの慰謝料を請求出来たり、子どもの親権を得やすくなったりします。

 

浮気=離婚じゃない
 
もしもパートナーが浮気をしているようなら、関係修復が希望であれ離婚が希望であれどっちにしても【証拠を掴んでおく】っとことをしていた方が自分に有利にことを運ぶことが出来ますよ。

 

足しかな証拠を掴み先手を打っていくことをお勧めします。

 

浮気不倫を石巻市の探偵に依頼したいって人は↓

 

コチラ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不倫をされてしまったら、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、家庭内で別居している状態であったり、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、何歳であるか、何年結婚しているかなど様々な角度から検証して裁判官の決定を待つことになります。同一電話番号との連絡を電話を受けていたりその電話番号に掛けていたりしたらその相手が浮気相手であるという可能性はある程度間違いないと思われます。それがわかったら電話番号の主を突き止めるだけでいいのです。そうは言いましても、パートナーがやり手となりますと、浮気相手と電話をしたあとに電話番号の履歴を毎回削除しているということもあります。探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。実費とは具体的には交通費やフイルムや現像料などをいいますが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることもあるようです。一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、費用を算出します。調査にかかる期間が短くて済めば支払いも安くすみます。本人が知らないうちに、客観的に浮気の証拠となるものをつかむには、技術や機材がちゃんとしている必要があります。浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは残念ながら証拠とは言えません。浮気を探偵に調査してもらうなら、超小型のカメラを用意するなどして相手が知らない間に顔がはっきり判る写真を撮ることができます。浮気調査で肝要なのは、本当に相手が浮気しているかの調査です。浮気しているか否かが不明瞭な場合はひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。不倫相手の存在が確かになれば次にすべきことは、浮気相手の特定です。主にパートナーの尾行を中心として、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、浮気相手の姿・年齢・氏名などを確認するのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ